送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

医師96%が推奨するFS昇降デスク

4月1日
13063 ビュー

FlexiSpotの【電動昇降スタンディングデスクシリーズ】のE8は『Doctors Me』医師104名のうち、96%の推奨意向を受けた「医師の確認済み商品」に認定されています。

本記事では、Doctors Meのこと、評価時の医師のコメントについて、詳しくご紹介していきます。

 

目次
一、Doctors me とは


医師・栄養士・歯科医師・薬剤師・カウンセラーなど約500名のヘルスケア分野の専門家についでも直接相談ができる、安心のQAサービスです。 

詳細はこちらへ: ≫Doctor me≪
二、96%の医師が推奨!「FlexiSpot 昇降デスク」シリーズ製品


96%の医師が電動昇降スタンディングデスクシリーズを「ご自身で使用したい」、また96%が電動昇降スタンディングデスクシリーズを、「周囲の人に薦めたいと」と回答しました。

三、評価時の医師のコメント


眼科、外科&救急科、内科、耳鼻咽喉科、泌尿器科&内科の専門医がそれぞれの意見を堂々と発表しました。

眼科
机としての性能やデザインが優れているのみならず、眼科医としての視点では、良好な姿勢が保たれやすいことで眼精疲労の軽減、予防にも貢献しうると考えます。
また長時間のPC作業の際に立ち上がり等の運動をすることで自然と遠方を見ることにもなり、このことも視機能の障害予防になるかもしれません。
また自宅でのPC作業が多くなっている昨今、このような製品は身体に最適な姿勢を取ることにより頚肩腕症候群の予防にも繋がり得るかもしれません。
外科、救急科
「E8 電動昇降スタンディングデスク・脚フレーム」を日常生活でパソコン業務やデスクワークなど仕事の際などに使ってみて非常に有用な商品であると思いました。
特にデスクの高さを自由自在に調整できる点が魅力的であり、長時間の座位姿勢を避けて好きな時に立位で作業が出来るので、座りぱなしによる腰痛、下肢浮腫、エコノミー症候群などの発症予防にも繋がりますし、適宜立ち姿勢を取り入れることで気分転換にもなって過度のストレスを解消できて仕事効率が上昇するように感じました。
内科
このたびは、素敵なデスクをたまわりありがとうございました。
思いがけない当選通知に驚いておりました。さらに発送到着もスムーズであり更なる驚きでした。
梱包されたデスクは重量感あり、組み立ても妻とふたりがかりで説明書みながら行いました。
一時間ほどで完成したデスクに感動いたしました。高さの自動調節は、大人から子供まで使用でき、自分の好みの高さを記憶できる機能は有用でした。
当方、腰に病気があり、その時々の体調で簡単に調整できるのはありがたいものでした。
子供が使用するとしても成長に合わせられます。つくりもたいへん頑丈であり長く使用できるものと思いました。
耳鼻咽喉科
机の上下の高さ調節の動きはスムーズで、高さを覚えるメモリ機能は便利だと思います。また、コンセントを抜いてもメモリの高さで保持されるのも便利でよいです。
机の高さをその都度微調整できるので、椅子の高さ調整とあいまって、自身の体にあった姿勢でパソコン入力ができます。
その結果、長時間作業しても肩こりになりにくく、とてもよいと感じました。
実際に使ってみて実感したことは、机の高さを再現良く0.1mmの精度で調整できるのが、この机の売りですね。机に向かう時間が長い人が、複数人同じ机を使用するような環境で、威力を発揮するのだと思います。なので、家庭でより、むしろ職場でしょうか。
泌尿器科、内科
長時間の座位は、前立腺肥大症の方にとっては尿閉リスクの増大につながり、慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(CP/CPPS)の方にとっては症状増悪のリスクとなります。

そのため、泌尿器科医の立場からは、前立腺肥大症や慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(CP/CPPS)の治療中の方にとって、スタンディングデスクの使用は理にかなってると考えます。
個人的な使用感としては、座位では気を付けていても時間の経過ととも徐々に姿勢が悪くなっていましたが、スタンディングデスクを使用することにより姿勢が崩れずに長時間集中して仕事ができる点がメリットと感じています。

また、立位で長時間作業をしていると足が疲れるため座位をとりたくなりますが、本製品は電動で昇降しメモリー機能があるため、簡単に立位から座位に移行できる点が気も入っています。
四、評価結果の概要


会社名: 楽歌株式会社
ブランド名: FlexiSpot
対象商品: 電動昇降スタンディングデスクE8
推奨意向: 96%
使用意向: 96%
調査方法: 商品説明資料の閲覧および一部医師による商品体験より
WEBアンケートによる回答回収
調査対象: 各科医師
調査期間: 2022/02/18~02/27
回答数: 医師104名