送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

スタンディングデスクの5つのメリット

4月14日
2333 ビュー

それが通過的で無意識なものであろうと意識的な選択であろうと、私たちは全員、ある時点から座りがちな生活を送っています。そのようなライフスタイルとは通常、のんびり過ごしたり、何時間も座ったままで過ごすことです。ゲーマー、オフィス勤めの人、座ってばかりいる怠け者のことを想像してみてください。

 

もしあなたが日々運動をして過ごしており、そして週末だけはベッドの中でダラダラと過ごしたり、テレビをずっと見ることが好きな人であるなら、それほど心配する必要はありません。しかし、最近では座りがちな生活は私たち自身の選択によって回避できないことも多くなっているため、それを避けずらくなっています。コロナウイルスの大流行、それによるロックダウン、そして在宅勤務を含む新しい生活様式によって、多くの人々がまったく新しいレベルの運動不足に陥っていると気づいています。

 

座りすぎによる病気

本記事によると、「座り病」とも呼ばれるものに関連する問題がたくさんあります。

  • 体重増加
  • 筋肉量の減少
  • スタミナの減少
  • 骨がもろくなる
  • 代謝量の減少
  • 血行不良
  • ホルモンの不均衡
  • 高コレステロール
  • 骨粗しょう症

 

ベッドやソファで長時間過ごすことが健康にとって良くない理由を詳しく見ていきましょう。

 

心臓病

運動不足はあなたの心臓に直接影響を与え、良いことなどありません。1日のほとんどの時間を座って過ごす人はそうでない人と比べて心臓病にかかりやすい傾向があります。

 

精神状態の低下

座っていることによる身体的ダメージに加え、うつ病、不安障害、そして認知症の早期発症につながる可能性もあります。

 

筋萎縮症

筋肉を使うことが少ないほど、筋肉が弱くなる可能性が高くなります。

 

首と肩の痛み

これは姿勢の悪い状態で座りながらパソコンを使用している人々の間でよく起こります。ノートパソコンやデスクトップパソコンの画面が目の高さにない場合、首や肩の痛みは特に悪化します。

 

スタンディングデスクとは?

 

できる限り立っているようにするべきであることは明らかですが、仕事中はどうすれば良いでしょうか?スタンディングデスクを使ってみましょう!

 

その言葉通りの意味ですが、スタンディングデスクとは立ったまま仕事ができるデスクです。使い方は普通の机と同じです。ただし、主な違いの1つとしてはスタンディングデスクを使用すると、必要に応じてその高さを調整できることです。スタンディングデスクは体重の減少を促進し、腰痛を緩和し、精神的な健康をもたらし、平均余命を延ばすという点において有益です。

 

スタンディングデスクは購入するだけの価値はありますか?

 

あなたは日々、時間に関係なく、押し寄せ続ける仕事関連の業務の急増の波にすぐに迷い込んでしまうでしょう。これは通勤の必要がなくなり、毎日が次の日に溶け込んでいるように見える在宅勤務について特に当てはまります。これにより、業務の要求はますます高くなり、多くの人が常に連絡が取れ、仕事ができる状態でなければならないことに不満を持っています。

 

何時間も机に座っていることの副作用に先に対処するため、スタンディングデスクに投資することが賢明と言えるでしょう。仕事とは私たちにとって終わりのないものであり、出来る限りそれを快適にすることだけが理にかなっているという事実に向き合いましょう。

 

メリット

 

スタンディングデスクに投資することによって、座りがちな生活の影響をどのように減らすことができるかを詳しく見ていきましょう。

 

体重増加の可能性の減少

立っていればいるほど、カロリーを消費する可能性が高くなることは周知の事実です。あなたの理想的な体重を維持する上で運動が果たす役割が満たせるよう、スタンディングデスクは文字通りあなたを立った状態にします。立ったまま仕事をするのに慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、健康のためですのでご安心ください。

 

心臓病のリスク低下

心臓が鼓動を打っているということは必ずしも健康な心臓であることを意味するわけではありません。あなたの心臓の健康を確実にするために、運動が最も重要です。そのためには自分の両足で立つだけで心臓病のリスクを147%も高めてしまう座りがちな生活習慣によるダメージを回復させることができます。

 

腰痛を防止する

リラックスする手段としても、座ったままでいることはお勧めしません。座ったままでいるとあなたの背中に大きなダメージを与える可能性があります。姿勢が悪いと、腰痛や慢性的な頸部の痛みを引き起こすこともあります。

これは人間工学に基づいた椅子を使用していない場合に特に当てはまります。一日中座っていると姿勢が固まってしまいます。これは仕事後のシンプルなストレッチによってあなたが苦痛を感じている理由かもしれません。

 

集中力を高める

座っていると、自分の考えに簡単に没頭し、自分の周りの世界が存在することを忘れることがあるかもしれません。あなたの注意力や集中力も影響を受けています。スタンディングデスクを使用することによって、身の回りで起こっていることすべてに対しての注意力が上がります。この向上はあなたの仕事をする上での生産性を向上させることを確実にします。

 

寿命が長くなる

劇的なものではありませんが、これは真実なのです。運動不足や座りすぎに関係する多くの問題を考えると、関節の痛み、スタミナやエネルギーの大幅な低下について絶えず不満を言っているのも不思議ではありません。上記のすべての解決策はより多くの時間を立って過ごし、座りたいと思った時に自分自身にノーと言うことです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。