送料無料(一部地域を除く)
メール:contact@flexispot.jp
戻る

スタンディングデスク正しい使い方

8月6日
4589 ビュー

日本人の多くは長時間座っているために背中や首の痛みに苦しんでいます。奇妙に見えるかもしれませんが、多くの人は自分の机に適切に座る方法を知りません。机の高さと角度、そして背中や首の問題にどのように影響するかを考えてみてください。

 

仕事に取り組む時、ほとんどの人は背中や肩をたるませたり、頭を前に押し出したりします。 これは首と背中の痛みの主な原因となっています。頭の重さが前に出た状態になっていると、首と背中の上部の筋肉を酷使しなければなりません。

 

デスクワークで長時間座ることによる悪影響を最小限に抑えるため、座る代わりに立つことを選択する人が増えてきています。スタンディングデスクはシットスタンドデスクまたは高さ調節可能なスタンディングデスクとも呼ばれ、1日6〜10時間座っていると背中の問題やその他の健康上の問題を引き起こす可能性があることが発見されて以来、人気が高まっています。多くの病気のリスクによってスタンディングデスクへの移行が促されますが、最も一般的なものの1つは背中の不快感、特に腰痛です。

 

スタンディングデスクはどのように役立ちますか?

 

あなたが現在痛みを感じていなくても、あなたは背中と首の痛みに対応するのは重要であると考えているはずです。立つことで、背中や首への負担を軽減し、健康的な姿勢を取り戻します。 疾病管理予防センターによると、1時間立つと、首と背中の不快感が54%軽減されます。

 

コンピュータが目の高さにあるとき、前かがみになるのは困難です。スタンディングデスクは背中をかがめる傾向を排除してくれます。スタンディングデスクを使用することで多くの腰の問題を改善できます。ただし、スタンディングデスクはすべての腰の苦痛の万能薬ではありません。立っていると、関節や筋肉に様々な負担がかかります。長時間立ったり、姿勢が悪いと、疲れ果てたり、それ自体が有害になることさえあります。背骨がアーチ状になっている場合、立っていると病気が悪化する可能性があり、また立っていると腰に負担がかかり、痛みが増すこともあります。

 

ではスタンディングデスクはあなたにとって適したものでしょうか?

 

スタンディングデスクは背中の問題には役立つかもしれませんが、それが解決策になる可能性は低いです。例えばスタンディングデスクは姿勢を矯正し、首や脊椎下部への圧力を和らげるのに役立ちます。それにもかかわらず、脊柱側弯症や椎間板ヘルニアなどのより深刻な問題を治療するには不十分と言えます。長時間立っていると、様々な健康上の問題が発生する可能性があります。心臓病や血管疾患の素因がある患者は足に長時間負担をかけるために深部静脈血栓症や静脈瘤となる可能性があります。姿勢の悪さ、足の痛み、または脚の炎症によって引き起こされる背中の不快感につながる可能性があります。

 

スタンディングデスクを決める前に、あなた仕事の種類について分析してください。人によっては電話をしている時や何かを入力している時、立ったり、体重を前後に動かしたりすることに集中するのが簡単だと感じています。私たち全員が同じではなく、立ったまま作曲をしたり絵を描いたりと創造的な仕事をするのは難しいと感じる人もいます。

 

スタンディングデスクは他に何ができますか?

統計によれば、仕事中に座っているのではなく立っていることにメリットがあります。

 

生産性:2016年の簡単な調査によると、スタンディングデスクを使用したコンタクトセンターの従業員は座っているチームよりも45%効率的でした。

 

カロリー消費:立つことでカロリーを消費できます。調査によると、座っているよりも1分あたり15カロリー多く消費するのです。これに関連して、1日6時間立っている70 kgの人はさらに54カロリーを消費しています。

 

腰痛の軽減:2018年の小規模な研究によると、シットスタンドデスクを使用して座りがちな行動に対する指導を受けた患者はどちらの介入も受けなかった患者群よりも腰痛が50%減少しました。

 

スタンディングデスクを使用するその他のメリットは以下のとおりです。

  • 生産性を向上させます。
  • 注意力を高めます。
  • 背中の痛みを和らげます。
  • 姿勢の強さを強化します。
  • 強く張った筋肉が伸びます。
  • 悪い姿勢が問題なのです。

悪い姿勢は狡猾な詐欺師なのです。あなたの机の上で前かがみになることは居心地が良く、ルーチンの一部のように見えるかもしれません。仕事をしていると、背中の筋肉の柔軟性と強さが徐々に失われます。長時間ひどい姿勢になっていると、背中の下部と中部の筋肉が徐々に硬くなり、そういった早期の警告兆候に気づいていないと、必然的に背中の筋肉が固まって痛くなる可能性があります。

 

良いニュースとしては姿勢を改善する方法があるということです。常に自分の姿勢を意識しているとは限りませんが、立っていると優れた姿勢を取ることができます。

 

気軽に構える

 

8時間連続して座ってから、一日中立っている状態にするための順応する時間を体に与えないと、背中が激しく痛くなる可能性があります。1日に何度も30分間立つことから始めましょう。次の数週間で1時間、2時間、および4時間とその時間を徐々に延ばしていきます。最終的には好きなだけ立つことができるはずです。

 

適切に調整する

 

私たちの体はアーチ型または腰を下ろした中立的な姿勢を想定しています。この姿勢は座っているか立っているかに関わらず、筋肉や骨を圧迫し、痛みを引き起こす可能性があります。スタンディングデスクを設置する時、頭、首、背中がすべてまっすぐに揃っていることを確認してください。頭を少し曲げ、腰をまっすぐにし、背骨を「S」字型に曲げる必要があります。手首は机の上で平らにし、肘は90度で、コンピューターの画面は目の高さかそれより少し下にある必要があります。

 

スイッチ

 

位置を回転させ、体重を調整し、30分ごとに短い散歩休憩を取ります。この時間を賢く使うには、ボトル入り飲料水を買いにいくとか、電子メールを送信するのではなく同僚の机まで散歩するとか、職場で数回の突進運動やスクワットを行います。腰が維持され、頭と首が中立位置にあり、座ったときに肩が快適な状態であることを確認してください。足が床やフットレストに快適に置かれている時、膝と腰は同じ位置に揃っている必要があります。

 

足をおろそかにしないでください

 

足を保護するために、立った時に快適な靴(理想的にはスポーツシューズ)を履いてください。 足と脚の痛みを防ぐためにアーチをクッションするパッド入りマットである抗疲労マットも検討してみてください。

 

スタンディングワークステーションに関して、一日中彫像のようにそこに座っていてはいけません。体重をつま先に移し、6〜8回上下に動かしてから、肩を持ち上げます。膝や腰に問題を引き起こす可能性があるため、可能であればヒールの着用は避けてください。

 

スタンディングデスクは姿勢を改善し、背中の痛みをなくすのに役立つことを目的としています。コンピュータの画面を目と同じ高さにすることで、見下ろすことを避けることができ腰椎捻挫を軽減できます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。